苦しくない胃カメラ

contact_tel.png

胃カメラの必要性

胃カメラは、正式には上部消化管内視鏡検査と言い、胃だけでなく食道や十二指腸の様子も直接観察することができる優れた検査方法です。
1950年に初めて胃カメラが開発されて以来、装置の開発が進み、現在はCCDを搭載した柔らかくて細いチューブを胃の中に送り込み、カメラの映像を解析した画像がモニターに映し出されます。

胃の検査としては、バリウム検査もありますが、初期の異変には気づきにくい、色調の変化がわからないといったデメリットがあり、さらにもしバリウム検査で異常が見つかった場合は結局、胃カメラも行うことが必要になります。
そのため、胃の検査を受けたい方は、最初から胃カメラを選択されるのがお勧めです。

当クリニックの「苦しくない」胃カメラとは

  • 苦しい
  • つらい
  • 嗚咽が我慢できない
  • 以前受けたが二度とやりたくない
  • 怖そう

胃カメラに対してそんなイメージをお持ちの方は多く、検査を敬遠されてしまう方もいらっしゃいます。当クリニックでは、せっかく有効な検査方法である胃カメラをより多くの方に受けていただくためにも、経鼻内視鏡検査を実施しています。

経鼻内視鏡検査とは

従来の胃カメラは、口からカメラを挿入していました。そのため喉で嗚咽が起き、苦しくなってしまっていたのです。しかし、経鼻内視鏡検査は鼻から通常よりもさらに細いカメラを入れるため、喉で苦しさを感じにくくなっています。また、検査中に会話ができますので、何かあったら言葉で医師にお伝えいただくことも可能です。

FICE(ファイス)搭載の内視鏡

胃カメラは直接胃の中の様子を観察することができますが、病変の色合いによっては異常を発見しづらかったり正しい診断をするのが難しかったりする場合もあります。
そこで当クリニックは、より正確な検査を実現するために、富士フイルムのFICE(ファイス)を標準搭載した内視鏡を使用しています。
これは、体内組織に照射する光の波長を変えられる機能で、通常の光では見づらい、もしくは見落としてしまう病変も、はっきりと映し出すことができるようになります。

内視鏡検査の流れ

事前診察

胃カメラを実施するためには、あらかじめ診察を受けていただく必要があります。
現在の症状はもちろん、過去の病歴やアレルギー体質などもきちんと確認し、お互いの信頼関係を高めてから検査をするようにしています。

ご予約

事前診察の際に、検査日時をご予約していただくことになります。

前日

前日は消化に悪い食べ物は避け、夜20時以降は何も食べないようにしてください。
お水は飲んでいただいて構いません。

当日の朝

当日の朝も水のみ飲んでいただけます。
食事は抜いてご来院ください。
(お薬を飲んでいる方は、事前にご相談ください)

ご来院

ご予約の時間にお越しください。
なるべくゆったりとした服装でお願いします。

検査前の処置

鼻の通りを良くするスプレーをして、さらに鼻から喉にかけてゼリー状の麻酔薬を塗ります。

検査

検査は長くても10分程度で終わります。
当クリニックは経鼻内視鏡検査を行っていますので、検査中も医師とコミュニケーションを取ることができます。

ご説明

少し休んでいただいた後に、検査結果や今後必要な治療などについてご説明します。

検査後

検査後は、歩いてお帰りいただけます。
朝検査を受けた場合は、そのまま出勤していただくことも可能です。
胃の組織検査を実施した場合は、後日改めて結果をお伝えすることになります。

こんな方は、胃カメラを受けるようにしましょう

  • よく胃が痛くなる
  • 胃がむかむかする
  • 胸焼けがする
  • ゲップをすることが多い
  • 食道がつかえる感じがする
  • 喉がイガイガする
  • 食欲がなくなった
  • 酸っぱいものが胃から上がってくる
TEL:03-3425-0587 メールでのお問合わせ 診療時間9:00~12:00/15:00~18:00 ▲土曜の診療は13:00まで 休診日:木曜・日曜・祝日c63c2b783f99ba98b4b5dc9add83a1d4b363ef16.pngスタッフブログ
TEL:03-3425-0587 メールのお問合わせ